託児所保育士向け転職エージェントランキング

託児所で働きたい保育士さん必見!

保育士さんの働く場所の選択肢として保育園だけではなく託児所もあります。近年は共働きの家庭も多く託児所の数は年々増加していますので、これからますますニーズは拡大していくことが予想されます。

託児所の保育士求人を探すなら保育ひろばがおすすめです。一般には公開されていない非公開求人が豊富なので、自分の条件にあった転職先を見つめることができるでしょう。今後転職をお考えならまずは登録しておいて損はないでしょう。

託児所の保育士求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
託児所で働く保育士の仕事は、どのように探すのが効率がいいでしょうか。現在、保育士のニーズが高まってきており、保育園、幼稚園だけではなく企業や病院の託児所、また商業施設や集合住宅、それから私設の託児所などで保育士を必要としているのをご存知でしたか。いまなお問題になっている待機児童、そして潜在保育士の問題、それらを両方解決できるかもしれないのが、転職です。想像以上に大変な仕事である保育士ですが、すでにフルタイムで働けない人は、パートタイムやアルバイトでもう一度スポットで働いてみませんか。託児所では、自分の都合の良いときだけ、通いやすい場所で働くことができるようになっていますので、この「保育ひろば」などの紹介サイトでぴったりの仕事をみつけてみてはいかがでしょうか。視野を広げて自分の可能性、仕事の将来性を広げていきましょう。「保育ひろば」は、保育士の仕事や総合情報のサイトです。

保育士バンク 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
いまの保育士のニーズやどんな仕事があるのか、待遇や働く場所が選べるかなど、具体的に探してみたいと考えている人にぴったりなのが「保育士バンク」のサイトです。トップページでエリアを選ぶようになっているので、自分が働きたいエリアを選んで、すぐに該当の求人案件がわかり、便利です。フリーワード検索もできるので、気になる条件があったら入れてみてください。保育士の資格や経験を活かして、パートタイムでもフルタイムでも働ける場所や、あなたを必要としている託児所はかならずありますので、チェックしてみてください。厳選求人などの紹介もあり、耳寄り情報なども得て、これからの転職や復職活動に活かしてみてはいかがでしょうか。

マイナビ保育士 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
皆さんがよくご存知のマイナビの保育士サイトです。こちらは条件に見合った仕事を全国から選べるサイトとなっているので、すぐに仕事を見つけたい、どんな仕事があるのか、託児所の中でも好条件や自分にとって通勤しやすい、都合のよい場所を限定して仕事を探したい人など、様々なカテゴリー、ニーズにあった仕事探しができるようになっていて、かなり便利です。 転職サポートも当然ありますし、公開案件だけではなく好条件の非公開案件もあり、登録しておいて損になるサイトではありません。保育士の転職、また託児所の仕事内容などの情報を幅広く得たい人にはぴったりのサイトとなっています。無料で転職や復職に利用できる便利ツールです。

託児所の保育士の求人は多い?

近年は特に待機児童の数が増加しており、その深刻さは年を追うごとに増しているのが現実です。待機児童がこれほどまで増えているのは保育園の数が足りていないことが理由ですが、その背景には保育士の数が不足していることが挙げられます。その事情もかなり深刻で、1年を通してみると、1人の保育士は6つの保育園からぜひ自分のところで働いてほしいと、文字通り奪い合いになっているような状況なのだといわれています。そして、保育士の採用シーズンといえば11月なわけですが、この時期にはさらに奪い合いは激しくなり、一人の保育士は66もの保育園から同時に懇願されている状況になるのだといいます。つまり、保育士全体が不足状態であることから、託児所の求人も非常に多いと言うことができます。

保育士は国家資格ですが、有資格者は全国に70万人はいるといわれています。前述のように保育士は不足しているわけですが、実は70万人すべての人が働いてくれるとこの状況は解消されるともいわれています。資格を持っていて、これほどまでに働いてほしいと多くの人から願われているにも関わらず働いていないのは、ひとえに待遇の悪さが原因です。すべての労働者の平均給与からすると、保育士の給与は10万円も低いというのが実情です。にも関わらず、子供相手の仕事はかなりの体力が必要であり、仕事を持ち帰るのが慣習という日本の保育事情が複雑に絡んでいるのです。

とはいえ、託児所は一時的に子供を預かる施設なので事情は異なります。あまりの過酷さに体調を崩して保育園を辞めたという保育士も、次の職場は体力がそれほど必要ではない託児所を選ぶというケースはよくあります。託児所であれば、保育園のように外で子供と走り回って遊ぶこともそれほど多くはありませんし、基本的に継続して一人の子供をみることはないので、保護者との連絡も1回限りとなるのが普通です。託児所での仕事は、子供を世話するというよりも見守るといった方が適切なのです。

しかも、子供を預かってほしいと考える保護者の方はたくさんいるので、形式は違えども託児所は多くの子供でにぎわっています。その結果、託児所でも保育士の奪い合いが生まれており、求人は常にある状態だといえるのです。しかし、やはり条件の良い求人となると応募者が集中してしまうので、求人はこまめにチェックして希望と合致するところがあればすぐに行動に移すようにしましょう。

託児所保育士の採用基準は?

託児所に限ったことではありませんが、保育士を採用する上で基準となるのは人間性だと言って良いでしょう。それは、利用者のニーズに応じ、頑張って24時間体制にしたとしても、そこで働く保育士の人間性によっては、有益な施設とは程遠いものとなってしまうからです。託児所で預かるのは短時間のことが多いとはいえ、子供は保育士のやっていることをつぶさに観察して真似ようとします。保育士の態度や姿勢そのものが、子供の姿に反映されてしまうのです。

また、一人勤務となる託児所であれば、同時に何人か預けられた時にも臨機応変に対応できることが重要となってきます。初めての場所に一人で置いていかれれば、たいていの子供は大泣きしてしまいます。そんな状況の子供が数人にいたとしても、落ち着いて対応できる人が望まれているのです。

一方、複数人で働く託児所であれば、保育士同士のチームワークが想像以上に大切になってきます。例えば、一般企業で働く会社員であれば、急に体調が悪くなってお休みをしても、連絡さえきちんとすればそれほど問題になることはありません。しかし、保育士の場合は状況がまったく異なります。施設を開園するには最低限の保育士の人数を揃えなければならないので、一人休むとなれば代わりの保育士を何としてでも立てなければならないわけです。このような状況でお互いにカバーしあいながら気持ちよく働いていく上では、職場のチームワークがとても重要になってきます。その結果、採用基準は保育士のスキルや経験というよりも、いかにスムーズにコミュニケーションを取れるかに重きが置かれるようになります。履歴書の内容がきちんとしている、面接の際には目を見てハキハキ答え、返事もしっかりできる、敬語も遣えるといった、ごく当たり前のことができていることが採用基準となります。他にも、身だしなみが整っていることも言うまでもありません。

また、施設の開園時間に合わせて働ける人を採用するのは運営する上で不可欠なことです。保育不足が続いている昨今では、運営時間の一部でも良いから働いてほしい、という事情を抱えているところも多々あります。しかし、月に1日だけなら土日に出勤できるといった具合に、少しでも融通が効く人が望まれているのです。前述のような良好なチームワーク作るためには、全員が同じ条件で働くことが理想といえます。あまりにも偏っていればやがて不平不満が出てきて、チームワークは崩れて退職につながることも少なくありません。


Copyright (C) 2017-2018 託児所保育士向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.